ルアー販売開始しました!

UVウレタンとセルロースセメントを混ぜたコーティング実験①

スポンサーリンク

かなり前に中途半端に終わっていた実験の続きを開始しようと思います。
忘れている人もいると思うのでこちらをどうぞ。

灼熱耐久テスト・再チャレンジ!
前回の灼熱車内放置テストは全滅…ただ、5個テストしましたが全て同じコーティング(UVウレタン+専用薄め液)でした。今回はコーティングが違うものでテストします。こいつらは、作ってみたもののイマイチ気分が乗らずに放置されていたやつらです。今回...

こんな感じで耐熱性のテストをしていたのですが、その中のUVウレタンとセルロースを混ぜ合わせたものが新しいコーティングの方法として可能性がありそうなので、こちらの実験をしていきます。

前回行った実験では少し混合液が少なくてコーティングの厚みが薄かったので、今度はしっかりとコーティングした状態で試していきたいと思います。

まず、どのくらいの割合で混合するかですが・・・
まあ、最初なので適当にですね(笑)

UVウレタン:1.5g
セルロース:0.5g
UVウレタン専用薄め液:0.5g

で試してみます。
早速、吹き付けました。

実はこれ、最初の分量だと足りなかったので同じ混合率でもう一度吹いています。
なので、全て上に書いた分量の倍ですね。
見た感じ艶も問題なく出ています。
適当に分量を決めた割には濃度や塗膜の厚み等、いい感じの仕上がり具合です。
これは、エアブラシの吹き付けなので微細な気泡が少しあるので気泡抜きとルアーになじませるために30分程放置した状態です。
頭の方にまだ僅かに気泡が残っていますが、これは実験なのでこの程度は無視して硬化させてみようと思います。
当然、30分程度ではセルロースセメントや薄め液の溶剤が飛んでいる訳はないので、まだまだ溶剤臭がプンプンしていますが構わずに硬化させます。




硬化完了です!

1時間くらいLEDライトを照射する予定でしたが、用事が出来て2時間くらい照射してしまった。
結果はカチンカチンに硬化しています。
爪で突くとカツンカツンいって、しっかり硬化しているのが分かります。
ただ、もう少しコーティングが厚くても良かったかな。

そして、一番驚いたのが溶剤臭が全くしません!
完全無臭です。
普通2時間位で臭いは消えません。
これは、どういう風にとらえればいいのかな?

ウレタンの下に溶剤が閉じ込められた?
それとも硬化中に溶剤が全て飛んで消えてしまった?


まあ、このどちらかだとは思いますが感じとしては溶剤が消え去ったように思います。
どうしてそう思うのかというと、中に溶剤が閉じ込められていたら下地のラッカーも溶けるので、表面が硬そうに思えても表面を指で強く押したりするとシワが出来たりするのですがそれも全くありません。
耐熱テストをやったら多分はっきりすると思います。
下地のラッカーが溶けていた場合、高確率でシワが発生するでしょうからそれでわかるでしょう。

ただ、どうやってテストしようかな?
まだ、夏ではないので車に放置してもそこまで温度が上がりそうにないし、しかも今は事故のせいで代車を使用中なので下手なことして溶剤臭くなっても困るしなー
なんか方法考えないと…


コメント