【UVセルロース】ドブ漬けコーティング!(微妙な結果)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いよいよUVセルロースでドブ漬けコーティングをやってみる事にしました!
今回、犠牲になるルアーはこれです。

最近、頑張って塗装していたやつです。
頑張った割にはいくらやっても上手くいかなかった。
そこで、いい機会なのでこいつに犠牲になってもらう事にしました。



それでは、早速ドブ漬け用の混合液を作っていきます。
まずは、容器にUVレジンを投入!

今まで使っていたやつより若干サラサラした感じかな?
吹き付けの時はUVレジンにセルロース1.5で混ぜたやつ(重量比)を吹き付けていたが、どうしようかな?
サラサラしているので少しセルロースを減らした方がいいか?

暫く悩んで1:1で混ぜる事にした。


ここまで入れて少し悩む…
UVレジン200gあるけど何グラム入れればいいかな?
これは100g入れたところ。

これにセルロースを100g入れても全く足りそうにないので200g全部入れる事にした。


次にセルロースを200g入れたのだが問題発生!
満タンやん!!





横から見たところ…

大丈夫かこれ?
ルアー入れたら溢れそうやん…

・・・

 ・・・まあ仕方ないか。



次は、ひたすらかき混ぜます!

かき混ぜると、UVレジンがモヤモヤして見えます。
これが無くなるまでひたすらかき混ぜます。



混ぜ終わると空気を含んで気泡だらけになるので、これが抜けるまで蓋をして数時間放置しておきます。





で、いきなり飛んでしまいますがドブ漬け直後です…

写真では分からないですが、やっぱりドブ漬けは美しい…
(と、この時までは思っていました…)


UVライト照射中!



硬化乾燥後

吹き付けより、滑らかな美しさがあります。
ちょっとルアーの選択が悪かったですね。
写真ではよく分かりませんよね。

ただですね・・・
ちょっと問題もありまして…
セルロースにUVレジンを混ぜているので液の粘度が少し高いんですよね。
これが、窪んだ形状の所に溜まりやすいんですよ。
傾けてくぼみの外に流しても、後からわずかに残った液がゆっくりと外に出てきて窪みの縁の所に多く付着してしまいます。
そこだけぷっくりと厚めにコーティングされてしまうんですよ。
今回のルアーで言えば目の部分なんですが、目の下にぷっくりコーティングされてしまい、まるで涙袋みたいになってしまいました。


結果としては、微妙…
凹凸のない所はツルピカ綺麗に仕上がっていたので、窪みのないスマートなルアーだったら綺麗に仕上がったかもしれません。
心配だった色流れもなかったので、もう少し研究して使えるようにしたいです。


最後に、今回のドブ漬けとは関係ないのですが腹が大変な事になってしまいました!

このルアー実は、腹にも黒マジックを塗っていたのですが見事に滲みでてきてしまいました。
普段は腹にはマジックは塗らないのですが、今回は色々と塗装の練習(テスト)に使っていたルアーだったのでこんな事に…
頭を下にしてドブ漬けしたので下の方が特に滲みが酷いですね。
予想はしていたのですが結構ショックです…

まあ、失敗もありますが色々と試すのは楽しいですね。

コメント