灼熱耐久テスト・再チャレンジ!

スポンサーリンク

前回の灼熱車内放置テストは全滅…
ただ、5個テストしましたが全て同じコーティング(UVウレタン+専用薄め液)でした。
今回はコーティングが違うものでテストします。

こいつらは、作ってみたもののイマイチ気分が乗らずに放置されていたやつらです。
今回、生贄になってもらいます。


UVレジン+シンナー+セルロース
UVウレタン+専用薄め液+セルロース
UVウレタン(原液のみ)
コーティング無し


の4パターンで行います。
状況は前回と同じで、リアウインドウ直下(直射日光下)でケースに密閉された状態で1日放置します。


それでは早速テスト結果です。
最高気温は前回のテストより高い状態です。



まずは、
UVレジン+シンナー+セルロース
です。
この組み合わせは、UVウレタンを使用する前に私が使っていたコーティング方法です。
なので過去に車内放置テストは行っています。
しかし、リアウインドウ直下で直射日光を当てるというのは同じなのですが、ケースには入れていませんでした。
なので今回はケースに入れて密閉してのテストに参加してもらいました。

その結果・・
上のルアーはシワも発生せずに何も問題ありませんでした。
これも溶剤を混ぜているので心配でしたが大丈夫みたいですね。

ところが、下のルアーの方はシワは発生しなかったものの塗装が少し浮き上がってしまっています。
多分これはコーティングが原因ではなくて塗装の下地が不十分だったせいだと思います。
恐らく巣穴が残っていて、そこの空気が膨張して塗装を浮き上がらせたのかな?

元々、耐熱性をあげるためにUVレジンにセルロースを混ぜるという方法を考えたのですが、今回のテストでも一応合格かな?





次はコーティング無しのものです。
前回は全てコーテイングしたものでテストしましたが、コーティングしていないものでもシワが発生するのかどうかの確認です。

見た感じどこにも異常はありません。
全く問題なさそうです。
これで前回のシワの発生はコーティングが原因の可能性が高いです。





つぎは、UVレウレタン+専用薄め液+セルロースです。
これはUVレジンにセルロースを混ぜると耐熱性があがったので試してみようと思いました。
ちょっと分量の配分が分からなかったので少し薄めのコーティングになっていますが取り敢えずテストしてみます。

結果は・・・
どこのもシワの発生はありませんでした。
前回のテストはUVウレタン+専用薄め液でコーティングしたものでダメだったので、これは期待していませんでした。
ですが、UVレジンと同じようにセルロースを混ぜると耐熱性が上がったようです。
ただ、セルロースを混ぜているので耐溶剤性は落ちているかもしれませんね。

しかし、どちらも耐熱性が上がったというよりもセルロースをつなぎとして入れる事で収縮率が変化してシワが出なくなったという方が正しいのかもしれませんね。





最後にUVウレタン原液のみです。

これも、どこにも問題は見当たりませんでした。
専用薄め液を混ぜたものだとシワが発生したので、やはり溶剤が下地のラッカーを溶かした事がシワの原因かもしれません。

ただ、UVレジンもUVウレタンも溶剤は使っています。
でもシワは発生しませんでした。
やはりセルロースの成分が効果を発揮しているのかな?
その辺はよく分かりません。

UVウレタン原液のみでコーティングするのが一番良さそうですが、Crazy-HiHiのコーティングは吹き付けで行いたいので出来れば原液でない方が使いやすい。
一応はエアブラシでも吹き付けは出来ますが、ブピブピと放出されるんですよねー。
ちょっと使いにくいです…

UVレジン+セルロースは熱と別に少し気になるところがあるので、UVウレタン+セルーロースにするかな?
でもウレタンとセルロースとか相性最悪のような気もするし、もう少しこの方法で試してみてから最終判断を下そうと思います。

でも、しばらく天気があまり良くないみたいなのでテストは出来そうにないかな…

コメント