自作フロッグ製作始動!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一応、フロッグの構造を考えてみたのだが、何とかなりそうな気がしたので真剣に作ってみる事にします。

取り敢えずは、プロト1作目で何も分からないので何となくフロッグっぽい感じで作ってみる。
完成は下のような感じ…



シングルフックを交換可能なように作る予定なので、ステンレス線をスナップ形状にして本体の下に突き出します。
ダブルフックのように本体を挟み込むように出来ないので、フックを取り付けた時にプラプラ動いてしまわないようフックが収まる溝も作ることにしました。



針先も、左右にぶれないように溝を作って収める。
これで針先も隠れるので引っかからなくなる予定。



内部はこんな感じにする予定です。
ステンレス線の曲げ部分は強度を上げるためにレジンキャストで固めて補強します。
ウエイトは悩んだのですが、あまりいい方法が思い浮かばなかったので取り敢えずはアルミ板を内部に入れてその上に設置します。
フック交換しないならフックを内部に入れてしまい、そこにウエイトを仕込めばいいのですが、フックは外側にあるのでそれは出来ません。
なので、これは苦肉の策です。
後から、変更するかもしれません。



で、型の製作がちょっと難しくて、本来なら下の画像のように分割して作りたいのですがCNCフライスで加工するとちょっと問題が…



分かりにくいかもしれませんが、下の画像のようにアンダーカット形状部分が出来てしまい加工出来ません…



そこで、今回は初チャレンジです!
型の合わせ面が平面ではなく曲面の型を作成する事にしました。
下の画像の赤と青の境界部分にPL(パーティングライン)を設定します。
これで、アンダーカット形状が発生することなくCNCフライスで加工可能になります。



加工モデルはこんな感じになります。

CAMの方の加工設定が少し面倒くさそうですね。
上下の境界部分のラインは綺麗には出来ないかもしれません。
恐らく製品に段差が出来ると思います。

金属で作って放電加工で仕上げれば綺麗に出来るのですが、フライスだけだと難しそうですね。
なんとか誤魔化しながらやってみるつもりです…

製品に使う素材は、まだ使った事が無い素材なので、固さや浮力がどの程度なのか全く分かりません。
ひょっとすると全く使えない可能性もあるので早く試してみたいのですが、このご時世…
生活必需品でもないものを、通販で購入するのも配達の人にも申し訳ない気もするしどうするか悩み中です…

取り敢えずは、のんびりと型の製作を進めることにしますかね。

コメント