UVウレタンを使ってみる!【コーティング編】

スポンサーリンク

引き続き、UVウレタンのテストです。
先日は目玉で試しましたが、今日はルアーにコーティングしてみます。
目玉で試した時は上手くいきませんでしたが、目玉とコーテイングとでは厚みが違う。
と、自分に言い聞かせて不安を隠しながらのスタートです。


今回、犠牲になるかもしれないルアーはこれです!

地味ですが、黒い方が完成後の艶感がわかりやすいかな?と思って黒で塗っています。


テストの前に急遽、簡易UVボックスを作りました。

UVウレタンのテストが上手くいって使えそうなら、LEDライトをあと3個買って専用ボックスを作りたいですね。


それでは、テスト開始です!
まず、UVウレタンです。
どのくらい必要か分からないですが、取り敢えずUVレジンと同じ1.5gにします。



次に、UV専用薄め液です。
これも、1.5gです。

かき混ぜるとモヤモヤしたものが見えるので、それが見えなくなるまでしっかり混ぜます。
混ぜた感じ口径0.5のエアブラシで問題なく吹けそうです。
というか薄めなくても吹けそうな気もしますけどね。
でも、なんで吹き専用なんだろう?
ディッピングでも全然行けそうな気がするけど…

それはいいとして、早速吹き付けてみました。

艶々ですね。
少し点々と見えるのは塗装のシルバーが飛び散ったもので、気泡やゴミではありません。

後は、説明書通りに30分放置・・・



30分たったらUV照射!!




30分たって取り出してみます。
少しドキドキしています。

ワクワクしながらも恐る恐る端っこの方を指で触ってみると・・・



ベタベタする!!!

最悪や…

どうしようかと悩んだが、次は反対側から照射してみる事にします。
照射する時間が足りないのかと思って、次は約2時間も照射しました。
2時間後、取り出して触ってみるとベタベタはしないがサラッとした感じでもない。
ペタペタした感じかな。
多分、指でこすったら目玉と同じようにカサカサになると思う…
ただ、サラッとした所もあるんですよね。
お尻の方はペタペタした感じなのですが、頭の方に行くにつれてそれが無くなっていく感じですね。

うーん・・・
なんか、UVウレタン難しいな…
硬化前の放置時間をもっと長めにとった方がいいのかな?
それともLEDライトの出力が弱いのかな?
でも目玉の時も、中は普通に固まっていたし表面だけなんですよね。

ひょっとするとFRPの様に空気と触れている面は硬化しにくいのかも…

とすると・・・
UVレジンと同じ方法でこの問題を回避出来るかもしれない。
そんなに甘くはないとは思いますが、やるだけやってみるか。

このルアーは、しばらくこのまま放置してみます。
ひょっとすると溶剤が残っていて、それが抜けきればツルツルになってくれるかもしれないですからね。

スポンサーリンク



まだ上手くは行ってないですが、今回のテスト結果の写真です。
全体はこんな感じ。



顔の部分のアップ



背中のカラー部分です

何となく艶がどの位かくらいは解ってもらえるかな?



最後にもう一つ問題がありまして、この赤丸の部分です。

この部分の黒が飛んでしまって下地が見えてきてしまいました。
これは一度に厚吹きしたので起きたのですが、UVレジンとセルロースを混ぜたコーティングでは発生しません。
2回に分けて吹かないとダメかな…
薄め液の分量を減らせば解決するかな?
実際に今回は少し薄すぎた気もしています。
一度に厚塗りしたいならもう少し濃くしないとタレてきてしまうので、この辺も今後の課題ですね。

それでは、最初のコーティングテストは多分失敗という事で終わりです!

コメント

  1. いつも参考にさせて頂いています。

    症状を診ると溶剤が怪しそうですね。

    二液性エポキシに薄め液を入れ過ぎた時の症状と似ていると思います。

    UVウレタン手強そうですが、克服できると良いですね。

    • やはり溶剤が怪しいですかね。

      昨日ペタペタしていた所が、今日触ってみるとかなり良くなっていました。
      まだ僅かにペタッと感じますが、昨日ほど指がくっ付く感触は無くなっています。

      なので私も溶剤が怪しいと思っているのですが、溶剤が原因だとすると腑に落ちない事が残っておりまして…
      次はその辺の確認のテストもしてみたいと思っています。

      どのコーティング剤も一筋縄ではいかないですね(笑)