Crazy-HiHi少し改良

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少し気になっていた場所を少しだけ変更する事にしました。
どこの変更かというと…
羽根のジョイントパーツを本体にネジで固定するために埋め込んでいるアルミの丸棒の回り止めです。

この部分です。
このパーツがあることでネジを締め込んだ時に丸棒が回転してしまうのを防いでくれるのですが、Crazy-HiHiの内部は発泡ウレタンで出来ています。
しかも、かなり高発泡で作っているのでそれほど固くないのです。
軽くネジを締める分には全く問題ないのですが、強く締め込んでしまうと発泡ウレタンを破壊してしまいます。
破壊されても両側からネジで締めるのでこれでも使えるのですが、ちょっと気持ち悪いですよね。



なのでこの部分を変更する事にしました。

変更後はこんな風になります。

今までは丸棒1本にそれぞれ1つ回り止めを付けていたのですが、これは2本に貫通するようにステンレス線を通しています。
これで強く締めても多少は動くかもしれませんが、アルミの丸棒を引きちぎるほど締め込まない限りは回転してしまう事は無いでしょう!

なんで最初からこれを思いつかないのか…
不思議なんですよね。
最初に結構考えて前のやり方にしたのだが、この方法は全く思い浮かばなかった。
なのに今回、改良をしようと思って考えるとあっさり思い浮かんだ…
意外とこんな事ってないですか?
私はちょこちょこあります…


まあ、小さな改良ですがこうして少しづつ進化しています。
塗装は、ほとんど進化していませんが…

コメント