完全に迷走状態になってしまいました…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Crazy-HiHiで使用する発泡ウレタンを色々とテストしていたのですが迷走状態に陥ってしまいました…

2重構造で作っていたのを発泡ウレタンのみで作る為に、かなりの数を作っては壊しを繰り返しましたが、どうしても表面の硬さが納得のいくものになりませんでした。
結構、雷魚も釣れてしまうルアーなので出来るだけ硬くしたかったのですが厳しそうです…
バスだけ釣れるなら全く問題ないですけどね。


で結局、今まで通りに2重構造でいくことにしました。
このやり方でいくことに決めたので、ある程度は安定して製作できるようにならなければいけません。
内部の発泡ウレタンと外装部のレジンキャストの体積の割合や、場所によって隙間の間隔を広げるか?狭めるか?、ガラスバルーンの量など色々とテストしました。
内部用のシリコン型にもかなり追加工を加えてしまいました。

あーでもない、こーでもないとこれもかなりの数作っては壊しを繰り返した結果…

訳が分からなくなってきたので内部用のシリコン型を再制作することになりました!


原型はあるのでシリコンを流し込むだけでいいのですが、要するに一からやり直しってことですね…
多分、30個以上は作りましたよ。
それだけ発泡ウレタンとレジンキャストを捨ててしまったって事ですよね。
貧乏人には結構キツイです(泣)


シリコンが硬化するまでやる事もないので、久々にミノーの下書きでも描いてみました。


形状的には特に新しさもない普通のミノーっぽい形状ですね。
方眼用紙に取り敢えず、背中のR部分の頂点の位置が違う3パターン描いてみました。
頂点が前の方と、中心近くと、後ろの方の3パターンです。
アクション的にはどれが良いのかは分かりませんが、デザインの好みでは真ん中の中心に近いやつが好みかな。


デザインが決まったのでCADで清書します。

フックの位置もあらかた決めておきます。
ウエイトの位置はまだ決めていませんが、私は最初に作るやつは一番幅の広い所にウエイトを入れる事が多いですね。
テストした後に、もっとフリフリ(ウォブリング)させたければ少し前方に入れたり、飛距離を上げたい時やロールさせたい時は少し後方に入れたりします。

リップの位置もまだ全然決めていません…


印刷しました。

後は、これを切り取ってバルサに写して削るんですが…
とりあえず今はここまでですね。

また行き詰った時にでも続きをしたいと思います。
今は、Crazy-HiHi最優先なので…

コメント