塗装の悩み…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マジックを使った塗装を今まで散々やってきたのですが、気に入る出来の時と気に入らない出来の時がどうしても出来てしまうんですね…

これを何とかしたいと思って、ラップ塗装ではなくテンプレートを使用してマジック塗装をやってみました。
こうすれば色の濃さは多少ばらつくとは思いますが模様に関しては、毎回同レベルの仕上がりには出来るかなと思って。

そこでまずは、発泡ウレタンの切れ端で試してみました。

それがこれです!

いつものように黒マジックで塗るところまでは同じですが、今回はテンプレートを使ってその上からシルバー(メッキ調スプレー)を全体に吹き付けてからクリアを吹いて滲ませています。

なんかこれ良くないですか?(私だけかな…)
ウロコ系の爬虫類の様な仕上がりにも見えます。

「こりゃいいや!」

と思って早速本番!


でやってみたのがこれ!

塗装後の質感は、切れ端と型取りしたやつで表面の具合が違うので少しつるんとした感じになりましたが、十分満足できる出来です。
色ムラも良い感じ。



・・・ですが、問題はここからなんです。


これは、お腹側を塗装して仕上がった状態です。

最悪です!

(お前、誰だよ!爬虫類はどこ行った!お前はペンギンか!)
みたいな仕上がりです…

背中とか側面がリアルになったのに、お腹だけエアブラシで普通に塗装するとギャップが激しいです。


何でこんなことになったかというと…
まず、マジック塗装した所の境界線を黒で隠します。
これは、薄い色で隠すと時間がたってマジックの黒が滲んできたりすることがあるからです。

私はこの段階で、なんかシマヘビっぽいなと思っていたので黒い線が入るのは本物のシマヘビにもあるし自然かなと思ったんですよ。
で、ネット画像でシマヘビの色を調べて、お腹は白でお腹の頭の方は黄色の個体もいるみたいなので黄色もプラスで塗装しました。

それで出来上がったのが最悪なあれですよ。

結局、リアル系の塗装にしたら全てをリアルにしないとおかしいんですよ。
境目で急に塗装感が増してしまってギャップが激しい…

いや、分かっているんですよ。
塗装が上手い人が塗ればもっと上手く仕上げられるのは。
ただ、私はそんな技術を持っていないんですね…

現在、そんな悩みを抱えていますというお話でした!

コメント