リップの型も完成

スポンサーリンク

ようやくシリコンが硬化してリップの型も完成しました。
材料の大きさの都合で3個取りになっています。

使ったシリコンはSLJ3220です。



重ねてみました。

このシリコンは、型取り用ではなく造形用なので使い勝手は悪いのですが透明度が凄く高いです。
UVレジンを使う時には硬化不良の心配なく使えるメリットがあります。
が、デメリットも結構あります。

その辺はこちらに少し書いているのでよかったらこちらもどうぞ。

ワッカーシリコン【SLJ3220】を型取り用で使ってみました
シリコンの購入し忘れで作業がストップしてしまった。しかし、前に間違えて購入したシリコンがあったのを思い出したので試しに使ってみることにしました。(注文したシリコンを待ちきれないというのもある)【SLJ3220】という透明シリコンで型取り用...




UVレジンを注入してライトを照射中!



硬化したらリップ完成です。

余分な部分はニッパーでカットして使います。
白っぽく曇っていますが、これはクリアでコーティングすれば綺麗な透明になります。
この段階で綺麗な透明に仕上げたい場合は、リップの原型をピカピカに磨き上げる必要があるので大変です。
なので、私はいつもこの位で仕上げています。


出来上がったリップをミノーの型にセットしてみました。

今までは、塗装後にリップを後付けしていたのですが、今回は強度的に厳しそうなのでミノー本体に埋め込んで作ることにします。
型にリップをセットした状態で発泡ウレタンを流し込みます。


今までやっていたやり方はこちらです。

シリコン型とUVレジンを使って、市販ルアーのようなカッコいいリップを作る
ハンドメイドルアーのリップの作り方にも色々ありますが、私はシリコン型とUVレジンを使って作っています。ハンドメイドルアーの場合は大体、ポリカーボネートかサーキットボードを使うのが一般的だと思います。リップの調整もし易いので...


早速、発泡ウレタンを流し込みたいところですが画像を見ていただいて分かる様にすでに失敗しています。
中心を通っているワイヤは、フックアイが収まるように曲げて逃がしておかないといけなかったのですが真直ぐ一直線で作ってしまいました…
作り直しです…

やっぱり慌てるとロクなことにならないですね…
私の悪いクセです。

コメント