ミノーの型完成

スポンサーリンク

ミノーの型が完成しました。
早速、1号機を作成していきます。

が、ウエイトはガン玉を使う予定だったのですが、収まりが悪かったので急遽ウエイト用の型を失敗した別のシリコン型を利用して製作。
カッターでワイヤーがはまる溝を切り込んで、彫刻刀でウエイトの空間を彫って作りました。
完全にやっつけ仕事です…


内部はこんな感じにしてみました。
ちょっとウエイトが問題ありそうですが、早く作ってみたいのでこのまま進めます。
時間があれば、来週にでもきちんとした型を作るかもしれません。



1号機
型取り完了!

リップ用の型は透明シリコンで別に作っているのですが、まだ完全硬化していないみたいなので今回は発泡ウレタンのままです。

で、この1号機ですが型から出した瞬間から失敗が分かるほどの重量感…
間違いなく沈んでしまうでしょう。
試しに水に浮かべてみると沈みはしなかったですが、ギリギリ浮いている状態です。
リップをUVレジンにして塗装してフックを付けると間違いなく沈みます。

次は、発泡率を上げて、ガラスバルーン(フィラー)の量を増やして試してみますかね。
ルアー本体を軽くしすぎると強度が落ちるので、ギリギリまで軽くしてそれでも厳しそうだったらウエイトを軽くします。


失敗だったのですが、このまま破棄するのはもったいないので取り敢えずアルミ貼ってみました。
ルアーにウロコ模様を彫ってあるので簡単に貼れるかと思ったら、逆に難しかったです。
ウロコ模様の凹凸にピッタリ貼るのが大変です。
指で押さえた位では完全にはくっつきませんでした。
爪楊枝や綿棒などでゴシゴシ押し付けてみましたが汚くなってしまいました…

ちょっと、ウロコのサイズが小さすぎた気もしますね。
ギラギラし過ぎて少し下品な感じもします。
もっと綺麗に貼れれば違う感じに見えるかもしれませんし、しばらくは練習ですね。

まあ、見た目も大切ですがルアーの機能の方が大事なので、まずは発泡ウレタンやウエイトのバランスなどを頑張らないとダメですね。

コメント