ミノーの塗装

スポンサーリンク

ミノーの塗装が完了しました。
ちょっと地味な感じですが奇麗には仕上がったかな。

これといって書くようなこともないのですが、それでもざっと今回の塗装の流れを書いていくとします。

まずは、全体にホワイトを塗った後に背中にスージーブルーを塗ります。




次に、背中と側面の上の方だけサファイアブルーを塗ります。

画像では分かりにくいですね。
少しだけ青っぽいキラキラ感が出ます。



次にお腹と側面の下の方にトパーズゴールドを塗ります。

これまた分かりにくいですね。
肉眼では分かるのですが、どうしても写真に撮るとこんな風になってしまいます。



次は、お腹以外にクリアブラックを塗ります。
側面は薄く塗って、背中と顔の部分は少し濃いめに塗っています。

すると、爽やかなブルーだったのがかなり地味な(落ち着いた)感じになります。
サファイアブルーを塗った所がブルーっぽくも見えシルバーっぽくも見え黒っぽくも見える感じになっています。

パール系の塗料は普通、今回の場合だと黒を塗った後にその上から塗ることが多いと思いますが、それだとどうしても黒が強く出てしまうんですよね。
今回は黒をあまり強く出したくなかったので、順番を変えてパールを塗ってその上から黒を塗る事にしました。
そのまま黒を塗るとパールも消えてしまうので、クリアブラックで下に塗っているパールも生かしながら、うっすら黒っぽさを出しています。
顔の部分は他の部分より黒を強くしています。
シルバーっぽく見えるのも下地の白の影響だと思います。



少し地味な感じなので、もう少し色を追加しようかとも思いましたが気力が無くなってしまったのでここまでで塗装は終了です。

スポンサーリンク



目玉を付けてコーティング中です。
2個同じものがあるように見えますが奥と手前のは別色です。



完成です。



もう1個、別のカラーで。

これは、ひと手間追加してウロコ模様が線としても見えるようにしました。
側面に赤を塗った後に上から白を塗って、ウロコ模様の出っ張った所だけ軽くペーパーを掛けて下に塗った赤を表面に浮き出させています。
手間かけた割にパッとしなかったかなと思います。
せっかくのウロコ模様の陰影が、この線のせいで分かりにくくなってしまったように感じますね。



前回、塗ったチャートと今回の2個で3個。
ウエイトの重さと位置が違うので、これから比較してみます。

左からウエイト4g1.5g2.5gです。
4gは既にテストしていてアクションは良いのですが浮き姿勢が尻下がりすぎてペンシルベイトみたいになってしまったので、今回の2個は少し前方に移動させています。

その分、飛距離は落ちるでしょうしアクションも変わると思うので悩むかもしれませんね。
気に入らなければ尻下がりでもいいかな。
ダイビングペンシルとしても使えそうだし…

コメント