ミノー製作⑤

スポンサーリンク

何だかんだでかなり時間のかかってしまったミノー製作ですが、ようやく完成(仮)しました。
完成といっても一度もスイムテストすらしていないので形だけの完成です。

恐らくこのままでは、まともに泳がないでしょうね…

アルミの段差も、きちんと消したかったのですが時間がかかりそうだったので段差が残ったまま作業を進めました。


これは、塗装中です。

腹にホワイト
背中にシルバーを塗った後にクリアブラックを背中と側面の上半分くらいに塗っています。
その後、ターコイズグリーンとアメジストパープルを塗って艶めかしい?感じにしています。

・・・

・・・

ここまでは良かったのですが…
この後、目玉を付けてクリアでコーティングすると・・・


変な感じになってしまいました!

ターコイズグリーンどこ行った⁉
微かにはあるのですが、殆どどこかへ行ってしまいました…
アメジストパープルも薄っすらとしかありません。
背中が黒く見えるのは、ブラックとアメジストパープルを混ぜたのを塗っています。
肉眼で見るとパープルです。

恐らく仕上がりを焦ってクリアを一度に吹きすぎて粉末が泳いで散らばってしまったのだと思います。
慌てると、ろくなことにならないですね。



リップとフックを付けて完成です!
しかし・・・
かなり雑だ。
目が小さすぎてしまった・・・
バランスが悪いです。せめてもう少し下に付ければ良かったかな。
ちょっと気持ち悪い顔になってしまった。




ある方の真似をさせていただいて水滴付着させて撮って見ました。
(カッコよかったので自分のも少しマシにならないかなと思いまして…)

うーん・・・

元がダメなら意味ないな…

まあ、それはいいとして。
最後のリップは一番悩みましたね。
私はミノーはローリングが強い方が好みなんです。
リップをもう少し後方に付けた方がローリングはしやすいと思うのですが、デザイン的にはこの位の位置にあるのが好きなんですよね。

そこでリップの角度を結構寝かせ気味にしました。
潜りすぎるのは嫌なのでサイズも少し小さめに。
形状はローリングだとラウンドタイプが良い気がするのですが、取り敢えずコフィンタイプで作っています。
削ってラウンドタイプに改造も出来るのまずはコフィンタイプで試してみます。


かなり時間がかかってしまいましたが、なかなか楽しかったですね。
アルミ貼りは相変わらず苦手でしたけどね。

次はCNCフライスを駆使してガッツリ作り込んでみようかな。

コメント