満足いく結果は得られず…

スポンサーリンク

Crazy-HiHiを少し改良しようと、改良版を試しに作ってみました。
原型までは、以前作ってたのですが上手くいかなかったらシリコンがもったいないので放置しておいた。

どこが違うかというと、ルアー本体とジョイント部分に隙間を設けてガタつかせる。
たったこれだけです…
今作っているのは、完全に固定しています。

たったこれだけの違いで、シリコンを使うのが嫌だったので今まで放置していました。
羽根モノを作る時に、なんかここにガタガタさせて金属音がどうたらとかいったのを見た記憶があったので試してみたいとは思っていたんです。
ただ、どうしてもガタガタにして上手くいくイメージが湧かず、ずっと放置状態でした。

私のイメージではガタガタにすると、
羽根とジョイント、ジョイントとルアー、2カ所もガタがあると羽根に受けた力がルアーに伝わりにくくなりレスポンスが悪くなる。
金属音も、2カ所目のガタがクッションの役割を果たして逆効果になる。

どうしても、こんなイメージが拭えなかったんです。

しかしです。
今回、人様に使って頂くために作っている時にもしかしたらガタガタさせた方がより良い物を渡せていたのかもしれないな…
と考えました。
あくまでも私の勝手なイメージで上手くいかない気がしているだけで、意外とそっちの方がいいのかもしれない…
やっぱり、一度は作ってみて確認しておかないと!
と思い、意を決して製作。

で、急いで製作して現行版と比較テストに行ってきました。

池に着くと大雨の影響か、かなりの濁りでテンション下がりまくり…
「今日はテストしに来ただけだ!」
と自分に言い聞かせテスト開始。

現行版と改良版をそれぞれ投げ倒して分かった事は…
概ね、私のイメージどおりでしたね。
固定したのと比べると、やっぱり動きがもたつきますね。
羽根の切り返しが固定したのに比べてワンテンポ遅い気がします。
気がするというか遅いです。

金属音も早く巻けば微かにしますが、殆どしなくなってしまいました。
固定している方はゆっくり巻いても、ルアーが近くに来ればカシャカシャと聞こえます。

どっちが良いとか悪いとかではなく、私は好きにはなれませんでしたね。
特に私は、小刻みにピチャピチャペチャペチャ動かすのが好きなので、このもたつきは致命的でした。
本当は、テストが終わったら釣りを楽しむ予定でしたが濁りとイメージ通りの結果にテンションが下がって帰宅。


シリコンがもったいなかったですが、いつかは試さないといつまでもモヤモヤが残るのでスッキリしました!

あとは、わずかな違いなんですがウエイト入りとウエイトなし、どちらがいいかハッキリ決めないと…

コメント