Crazy-HiHiが出来るまで|塗装

スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手の方に無事に届いたみたいなので、保留中だった塗装編を書く!
と言いたいところなのですが、写真をほとんど撮っていなかった。
・・・
なので途中までは、ほぼ文字だけです…


まずは、塗装前の準備としてルアー全体にペーパーで足付けします。
これは、塗料の密着性を高める目的で行います。

特にウレタン系の樹脂は、塗料が密着しません。
乗っかってるというか、貼り付いているだけみたいな感じです。
足付けすることで少しでも、密着性を高めてあげます。

といっても、足付けしただけでは大した効果もないです。
そこで次に、プラサフプライマーを吹き付けます。
これが、ルアーと塗料をくっ付ける接着剤の様な役割を果たしてくれます。
私は、ライトグレーのプラサフを使用しています。
グレーのプラサフを吹くと、陰影がはっきりして細かな凹凸が確認しやすくなります。
気になるところがあったら、ペーパー掛けを行って再度プラサフを繰り返します。
しかし、ここまでやっても塗装が剥がれるときは剥がれます。

次に、白のサーフェイサーを全体に吹き付けます。
これは、発色を良くするために全体を真っ白にする為です。

ここまで出来たら、あとは自分の好みで塗りたくっていくだけですね。


で、突然この状態!

背中の窪んでいるところの模様が少し危うい感じ。
側面と背中に蛍光イエロー
側面と背中にクリスタルカラー・トルマリングリーン
テンプレート付けて背中にブラック
側面もテンプレート付けてブラック
見えてないがお腹はホワイトと薄っすらオレンジ
至ってシンプル…

もっと色を増やそうとは思ったんですよ。
でもですね…
頭の中で声が聞こえるんですよ…

「やめとけ!どうせ失敗する!」

ってね。


で、また一気にこの状態。
目玉を付けてコーティングをして硬化中。

コーティングは、UVレジンとセルロースセメントを混合したものをエアブラシで吹き付けています。
UVレジン1gにセルロースセメント1.5gで作っています。
まだ、ちょっと難ありなところもあるんですが、今の所このやり方でコーティングしています。
少し粘度が高いので、よく見ると凄く細かい気泡があったりするんですよね。
吹き付けでなくてドブ漬けすれば解決すると思うのですが、ドブ漬けする為の量のUVレジンを買うと結構なお値段がするので試すのに躊躇しているところです。
安いUVレジンは、あまりいい思い出がないんだよなー。



硬化後。
背中から



側面から
やっぱ、ちょっと地味かな…



お腹から

いっちょ前にネームも入れています。
今回は、少しゆるい感じの書体にしてみました。
ネームは塗装ではなく、コーティング前にタトゥーシールを貼っています。
水を使って貼るので貼った後は、一応二日くらい乾燥させています。


さらに突然現れたこいつは、マジックと缶スプレー塗装です。
今回、ルアーのウエイト入りとウエイトなしの2種類を使ってみてもらおうと思い勝手に製作。

マジックと缶スプレーですが、決して手を抜いたわけではないですよ。
私は結構気に入っているんです!
お腹は、しっかりエアブラシ使ってますし。

なんか、マーブル塗装見たいでしょ。
ランダムな塗装なので、仕上がりは運頼みなところもありますけどね。




パーツを全て付けたら、とうとう完成です!



こいつにも装着!

ふぅー
長い道のりでした…
お待たせして申し訳なかったです。

気に入っていただけると嬉しいですが、こればっかりは使ってみて好みに合うかどうかもあるので気に入っていただける方に期待するばっかりですね。

一応、釣れますよにという念は、
「怨念か!」
というくらい、たっぷりと詰め込んでいます(笑)



Crazy-HiHiが出来るまで…

これにて終了!

コメント