プロト3号完成!

スポンサーリンク

発泡ウレタン用の型を作り直して作った3号です。
目標は2号から0.5g以上の軽量化でしたが、残念ながら0.3gしか軽量化できませんでした…
出来れば1g位減ればいいなー
とか思っていましたが、期待から程遠い結果になりました。

1号:12.85g
2号:12.07g
3号:11.77g


真鍮プレート無しの本体のみの重さです。

一応、徐々に軽くなってはいますが期待値に程遠かったので、もうテンションがダダ下がりです。
ですが、せっかく作ったのでテストはしないともったいないので渋々ですが塗装です。

白のクランクも欲しいので白っぽく塗ってみました。
背中と腹は白です。
側面はシルバーの上にクリアブラックを塗ってその上にトパーズゴールドを塗っています。
写真ではシルバーに見えますが、肉眼ではゴールドにもシルバーにも見える感じです。
地味ですが結構気にりました。

軽量化は僅かしか出来なかったですが、一応スイムテストには行ってきました。
結果は、2号と大して変わらなかったですね。
若干ですが浮力が強くなった気がするくらいです。
本当に若干です。
同時に使ってみれば違いが分かるかも?
その程度の違いでしたね。

ただ、分かった事もあります。
目標を0.5g減にしていましたが、今の0.3g減を0.5g減にしたところで大して変わらないだろうな。
という事です。
恐らく2号よりも最低でも1gは軽くしないとハッキリした違いは出ないような気がします。
発泡ウレタンのばらつきも考慮すると、1.5g位は減らしたいところです。
なかなか厳しい目標になりそうです。

一番簡単なのは、いま入れている1gのウエイトを入れずにノーウエイトにする。
のが簡単に減らせるのですが、真鍮プレートの重さしかなくなるので浮き姿勢がかなり尻下がりになってしまいます。
私は動きだしの良さなどは全く気にしないのでこれで動き出しが悪くなるというのは別に構わないです。
そもそも動き出しが良いから釣れたなどという経験は一度もありません。

ただ、浮いている状態で尻下がりになりすぎるとリップが水面より上に出てしまって水が掴めないので困ってしまいます。
浮き上がる時に、あまりにも頭が上がりすぎていると根掛かりのリスクも上がってしまいます。

うーん…
どうするか?
一応、このノーウエイト版も作ってはみるけど、次の手も考えないといけないなー
暫らくは、頭を悩ませそうです…



コメント