昔、お遊びで作ったミノー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、ミノーが投げたくなってきた。
でも、一から作るのはちょっとしんどいので、昔(3年位前)にお遊びで作ったミノーを再制作することにした。
これは、CNCフライスをまだ買う前ですね。
3Dプリンターで作ったやつを型取りして作りました。
お遊びで作ったので見た目はちょっと悪いが、一応実績はあるので何とかなるでしょう。

作ったのが昔過ぎて、ウエイトや発泡ウレタンの比率などきれいさっぱり忘れてしまった…
なので、取り敢えず4個作ってみました。
過程は端折って、いきなり塗装です。


これは、へたくそなアルミ張り。

真面目にミノーを作っている方には…
「なめてんのか!」
と怒られそうな仕上がりです。
アルミの境目も汚いままです。



これは、メッキ調スプレーで塗装。
クリア吹いたらグレーになってしまった。
クリア吹く前だったらアルミ張りと変わらないくらいの光沢があったのに…



これは、信じられないくらい汚い出来だな。
修正しようかと思ったが面倒くさいのでやめた。



最後に、もうお馴染みのマジックと缶スプレー塗装。
実は、これが一番のお気に入りだったりする。

あいかわらず、写真では分かりにくいがもう少し光沢もあって実物はもっときれいです。
やっぱり、普通の塗装では出せない不規則な模様や色の変化がたまらないですね。

後は、リップを作って目玉を付けて最終コーティングで完成です。
4個作ったが、重さ的に3個はシンキングになってしまっていると思う…


あっ!
気付いた人もいるかと思いますが、うろこ模様は立体です。
真似をする人はいないと思いますが作り方を書いておきます。

作り方
ビニールテープをφ3のポンチで沢山抜きます。
ルアーに貼り付けます。
型を取ります。
以上

こんな感じです。
この作業をやりだして直ぐに後悔しましたけどね(笑)
ビニールテープとルアーの境界はパテを塗って誤魔化します。

しばらく使って楽しかったら、また一から綺麗に作りなおそっかな…
でも、ミノーは難しいしやっぱり無理かな。

コメント