【デカクランク】型の製作失敗だったかも

スポンサーリンク

現在保留中のデカクランクですが、春以降に魚の反応をみて変更点があるか考えようと思っていました。
ですが、やっぱりあらかじめ幾つか作っておくことにします。
スイムテストくらいは行いますが、使い込むのは春以降ですね。

で、2号機はどういったのを作ろうか考えたのですが、金属プレートの材質を変更したものを作ろうと思います。
1号機はアルミ製です。
2号機は真鍮製にします。

1号機は、ルアーのウエイトもプレートがアルミという事を考慮(少し重め)した設定にしています。
真鍮に変更するならウエイトを少し減らさないと恐らく沈んでしまう事でしょう。

プレートの重さは
アルミ:1.55g
真鍮:4.8g

差は3.25g

1号機は2.5gと3.8gのウエイトを分散して配置していましたが、このうち3.8gのウエイトをなくします。
2.5gのウエイトは、真鍮が重くて後方に重心が偏りすぎるので出来るだけ前方にに配置。





で、外部のレジンキャストまで流し込んで2号機を作ったのですが、上手くいきませんでした。

どうやら、型を作る際にレジンキャストを流し込む向きの選択を誤ったみたいでリップの付け根に気泡が出来てしまいました。
この位なら修正できるので問題は無いのですが…
面倒くさいです!!
しばらくは、この型を使い続けますが毎回気泡が出来て修正作業が必要なら型の再制作もあり得るかもしれません。


あとは色だな。
1号機はピンクとブルーだったけど2号機は何にしよっかな?
無難にブルーバックチャートにするかな。

まあ、明日は【カブト】のフライス加工をする予定なので暫く塗装はしないだろうからゆっくり考えることにしよう。



話は変わりますが、この間久しぶりに釣具屋に行ったのでルアー(クランク)を見ていました。
そこで私は気付いてしまいました!
今作っている【デカクランク】あんまりデカくない!!
同じくらいのサイズのクランクが沢山置いてありました。
もう、こうなると【デカクランク】じゃなくて普通だなと思いましたが私にとってはデカいので、このまま【デカクランク】で行くことにします。


コメント