ミノー完成!

スポンサーリンク

なんとか完成しました。
しかし、こうしてみると何でこんなに地味なカラーばっかり作ったんだろう…
もうちょっと、ガツンとパンチの効いた派手なカラーにすればよかったな。

完成したのはいいのだが、予想通り4個中3個はシンキングになってしまった。
シンキングでも使えるので別にいいのだが、やっぱり根掛かりが怖いので取り敢えずはフローティングのやつだけにフックをセットした。
でも、今回はきちんとメモったので、次からはきちんとフローティングで作れるはず…



作っていて結構楽しかったので、真剣にミノーを作ってみようかなとも思うのだが、やっぱりミノーは拘って作ると難しいし悩むな…
ミノーって誤魔化しがきかないルアーだと思うんですよね。
クランクとかだと、ずんぐりしているのでウエイトの多少の重さや位置の違いをものともせずブリブリ動くので気にするほどの違いは出にくいと思うんですよ。
(気になる人は気になるかもしれないけど…)
でも、ミノーは細くて薄いボディーなのでウエイトの重さも位置も結構シビアになります。
当然、ワイヤーの重さや形状(配置)も影響を受けます。
デリケートなんですよね…

書いていて、やっぱり性格的に無理な気がしてきた。
これは、特にこだわりもなく動けばOKという感じで作ったので楽ちんやった。
見た目も雑だしね。

刃物の準備が出来たので、まずは週末にフロッグの下型の加工を頑張ります。

コメント