Crazy-HiHiの型を作り直すことに…

スポンサーリンク

最近ずっとCrazy-HiHiを作る際の、発泡ウレタンやレジンキャストの配合をテストしまくっていました。
そのおかげでかなりベストな配合にたどり着けたのではないかと思います。
ただですね。
今回は私にしては珍しく結構こだわりを持って作ることに決めています。
さらに満足の行く仕上がりにする為に、思い切って内部と外部の型を両方とも作り替えます。

なぜかというと、外部を作るのにレジンキャストとガラスバルーンを混ぜて作っているのですが、このガラスバルーンの量を減らしたいのです。
レジンキャストのみで作った方が表面の硬度が上がるのですが重たくなってしまいます。
そこでガラスバルーンを混ぜて軽量化していたのですが、出来るだけ減らして硬度も上げようという考えです。
理想は、ガラスバルーンをゼロにしたいです。
が、これは結構きびしいと思うので出来るだけ減らせるようにします。


まずは、内部の型の見直しです。
下の画像の型は今まで使っていたやつです。

表面が階段状の段々があります。
これは、内部と外部の食い付きが良くなる(負荷が掛かってもずれにくい)かもと思ってこういう形状にしていました。
が、あまり関係なかったみたいなのでこの段差もなくします。
それと全方向に1mmほど大きくなるようにしました。


で作り直したのが下の画像のやつです。

少しだけずんぐりした感じになったの分かりますか?
ちょっと分かりにくいかな。
ステンレス線もこの型で全てセット出来るように変更しました。
これは不良率が少し下がるのを期待してです。


次は、外部の型です。
下の画像は今までの型です。

レジンキャストを流し込むと、お尻の方から入って来て頭の方から抜けるように作っていました。
たまにですが、あってもなくても良いようなヒゲの部分(頂点付近)に気泡が出来てしまう事がありました。

これを改善するために下の画像のようにレジンキャストを流し込む向きを変えたのを作りました。
頭から入ってお尻から抜けます。

これでヒゲの部分に気泡が出来にくくなるのではないかと思っています。
こればっかりは流し込んでみるまで分からないので上手くいかなければ前の型に戻すか、別の方法を考えます。
型を変更するので配合もまた変える事になってしまいますが、今のベスト配合から少し変更すれば良いだけでしょう(多分…)


あと、外部用の型をもう1個削れば準備完了です。
土日で加工出来ればいいけど時間がとれるかどうか…
加工が午前中から始めて日付をまたいだ深夜までかかるので上手く時間調整しないと難しいかも…

コメント

  1. 型があまりにも綺麗で一瞬「CG?」と思ってしまいました。
    凄すぎて理解できず置き去りにされる感が逆に気持ちよくなってきます(意味不明ですみません)

    ルアー作成のための時間作りも大変ですよね。。
    趣味なんだけどなんかずっと忙しいみたいな笑

    ニュークレイジーハイハイどんな風になるのか楽しみです^ ^

    • CGみたいですか(笑)
      パソコンで作ったモデルをそのままCNCフライスで加工しているので、ある意味これもCGみたいなモノですね。

      私のブログは意味不明に感じるところも多いですよね。
      申し訳ないです…
      私の方こそ、海外にまでファンの方が居るTさんに置いて行かれてる感を感じていました。
      凄いです!
      釣果報告頂けると良いですね。
      私はTさんから頂けた時には天にも昇る気持ちになりました
      (^^)

      ルアー作成時間の確保には本当に苦労しますね。
      仕事は絶対しなくてはいけないので睡眠時間を削ったり釣りの回数や時間を減らしたりで、なかなか大変です。
      作業はできないですが、仕事中も結構ルアーのことを考えていますけどね(笑)