【ハンドメイドルアー釣行記】甘木公園で空気の読めない1匹!

スポンサーリンク
2020/09/11
曇り
気温:29℃
水温:
フィールド:甘木公園

今日は、仕事の帰りに久々に先輩と甘木公園へ釣りに行きました。

釣り場に着くと珍しく釣り人は一人もいません。
各々、好きな場所に陣取ってスタート!

私はいつも通り羽根モノで。
先輩はダウンショットでスタート。

開始1時間半、大した反応もなく過ぎて先輩がそろそろ帰るぞと私の所へやってきました。
もう薄暗くなってきて雰囲気出て来たところですが、私も今日は帰ってやりたいこともあるので帰宅することに…

先輩と会話しながらキャストしていた羽根モノをチョポチョポと回収していると・・・

バシュッ!!

「うおっ!出た!!」

完全に油断してルアーを全く見ていなかったもんで突然のバイトにビックリしつつも無事にゲット!

28cm
まあ、甘木公園なのでこんなもんですかね。

しかし・・・
「今日もダメっすね」
などと話しているそばから気持ちの良いバイトでゲット出来るとは、私も結構もっているかもしれませんね。

ただですよ…
これはいかんですよ。
私は、釣れていない先輩の目の前でこれ見よがしに釣ってしまうという、社会人としてあるまじき事をしでかすとんでもない奴です。

先輩も苦笑いです。
「まだ、釣れるんやない」
「もう少し釣って帰ったら?」
と言う先輩に…

「いえ、目の前で気持ち良い1匹釣ったんで帰ります。」
と、とどめを刺して帰りました(笑)

2020年 ハンドメイドルアー釣果集計

使用ルアー釣果
自作羽根モノ(Crazy-HiHi)22
自作シャッドテール
自作ウェイクベイト
25
アベレージ41.8cm


コメント