【ハンドメイドルアー釣行記】寒さの中で久々の1匹!!

スポンサーリンク
2020/10/23
晴れ
気温:10℃
水温:17.6℃
フィールド:久留米市野池

本日、気温10℃
22時出発!!

寒い…めちゃくちゃ寒い…
ちょっと10℃というのを舐めてました。
一応、長袖2枚着てきたのですが鳥肌が立つくらい寒いです。

「こんなに寒いと羽根モノは出ないかな。」

と弱気な考えを持ちながらも何故か羽根モノを投げる!
寒いのでゆっくり巻けるように羽根を調整して1時間半くらいかな?
投げ倒しましたがノーバイト…

しばらく釣れていないので今日はどうしても1匹欲しい!

そこでラスト1個のシャッドテールに変更することにしました。
(シャッドテールは型をダメにしてしまったので現在製作出来ない状況です)
本当は冬まで温存しておくはずだったのだが、このままだと10月ノーフィッシュで終わりそうなので苦渋の決断で投入しました。

ボトムをゆっくり巻いていると・・・

コツン

と微かにアタリのような感触が…

静かにロッドを立てて確認してみると、

重い!!

慌てて思いっきりフッキング!!

重さは結構感じるが、引きはそれほど強くなかったのであっさりゲット!

47cm

うーん、50なかったか・・・残念
でもいいサイズですね。
シャッドテールは1発でダメになってしまったが、久々に釣ったので気分が良いです。

バスに触ると暖かい。
私の手より暖かい。

リリースした後に、水温を測って見ると17.6℃でした。

「なーんだ、まだ水温は結構高いやん」

と、今更気付いたのでまた羽根モノに戻ることにする。
羽根もゆっくり巻くセッティングからいつものセッティングに戻して投げていると・・・

2バイトありました。

乗らんかったけどね…

なんやろ?バスやないんかな?
もしかすると、ナマズかもしれませんね。

今日は死ぬほど寒かったですが、楽しかったです。

ただ、これを書いている今は鼻がジュルジュルで風邪っぽいんですけどね…



コメント