ハンドメイドルアー釣行記|なんとか自作クランクで1本!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019/05/02
晴れ
気温:15℃
水温:17℃
フィールド:久留米市野池

仕事から帰り、家で一息ついた後に23時頃に近所の野池へ「出発!」

「明日から4連休だし、気合い入れて釣るぞ」
(私は10連休ではない…)

意気揚々と目的地に到着。

ん?

なんかデカイ魚が跳ねる音が結構している。
いや、結構どころではない池の岸際全てで、コイかソウギョか分からないがデカイ魚が暴れまわっている…

「これ…釣りになるのか…?」

普段、羽根モノを投げているコースは全滅。

だが、それでもとりあえず羽根モノを投げまくるのが私の釣りである。
完全に運まかせですね。


  …

ポイントを移動しながら1時間ほど投げるが反応なし。

そこで、岸際の怪物の影響が少ない沖を狙うため、クランクに変更。

ちょうど、カケアガリに差し掛かった所で

グンッ!

「うぉー、来たー!!」





腹は凹んでいますが、46cmの良い体型のバスでした。

怪物のせいでボーズも覚悟していましたが、なんとか気持ちよく帰宅することが出来ました。


でも、やっぱり羽根モノで釣りたい…





使用ルアー:自作クランク(Gクランク-MR)

コメント