【ハンドメイドルアー釣行記】番外編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

開発中のルアーの改良を行い、確認のため早速いつもの野池へ出かけた。

数投して、
「少し良くなったような気もするかなー」
などと、のんきに構えていると突然バイトが!

しかし、これはバスではない。
雷魚だ。

それ程でかくなかったので何とか抜き上げたのだが、プライヤーを出している時に暴れて池に消えていった。

「針外す手間が省けて良かった。」

と思ったのだが…

なんと、

ルアーが無い!

ラインが切れたと思ったのだが違った…
スナップは残っている。
スナップが 折れ曲がったように ぐにゃりと変形して開いている。
ルアーが口に残ったまま行ってしまった…
なんとか生き延びてくれるといいのだが…

しかし、ルアーが数投で無くなってしまった。
もう少し確認したいこともあったのに…



その後、気持ちを切り替えて羽根モノを投げていると
・・・バフォッ!

「ナマズかい!」

まあ、バスではなかったが羽根モノで釣れるとなんでも楽しいけどね。

開発中のルアーも、ハスと雷魚は釣れた。
一応、魚は釣れるようだ。
バスはまだだけどね…

コメント