【ハンドメイドルアー釣行記】甘木公園で粘りに粘って、やっと羽根モノでゲット!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019/05/21
晴れ
気温:26℃
水温:
フィールド:甘木公園

今日は、仕事帰りに会社の先輩と甘木公園に寄ってきました。
最近、絶不調の先輩は果たして釣る事が出来るのか・・・・


昨日の雨で水位が上がっていればいいけどな、
と考えながらワクワクしながら会社を出発。

到着してパタパタと急ぎ足で池へと向かって行ったその先に広がる光景は…

・・・増えてない

「全く増えてねーじゃん!」

昨日あれだけ雨が降ったのに、数cmも増えていません。
私は、この池は満水状態が一番好きなのに…
2,3年前に噴水工事で池の水をかなり抜いてからずっとこの有様です。
水が少ないせいで水質も悪く濁り気味です。

やっぱり羽根モノから開始!
水が減って土が出てきているところを、テクテク歩きながら岸際を攻めていくも全く反応なし…

先輩のいる場所の対岸側、岩盤エリアへ移動。
岸際、沖、満遍なく攻めるも反応なし…
ここまで1時間くらい。

ふと先輩の方を見ると、何やら不穏な動きをしている。




ロッドを見ると、なんか釣れてるっぽいけど…
なんか妙にゆっくり巻いている、しかもちょっと変な態勢…
どうしたんやろ、釣れたんかな?
と思いながら見ていると、

バシャバシャと水面から魚が跳ねた!

「釣れとるやん!」

写真撮ろうと思って駆け寄ると、サッサとリリースしてしまいました。
あーあ、私は釣れそうにないのでブログ用に写真欲しかったのに…

先輩が釣れたことで対抗意識がむくむくと芽生え、目の前で釣り返してやるつもりで直ぐそばで再開。

しばらく続けていると、とうとう羽根モノに来ました!

バラしました(泣)

あきらかに先輩のよりでかかったのに…
この後、すぐに先輩は帰ってしまいました。
私は悔しいので居残りです。

周りも薄暗くなってきて、また岩盤エリアへ移動。
ここでワンバイトあるも乗らず、しかしもうここで粘ることに決めた。

すでに先輩が帰って1時間、あきらめきれずに頑張っていると…



来ましたー!!

さっきバイトがあった付近でとうとう水面を割りました。
もうバレる前に獲るといった感じでガンガン巻きましたね(笑)

35cm
小バスで腹ゲソでしたが、あきらめずに最後に釣った1匹は嬉しいもんです。
羽根モノで釣ったというのも大きいですけどね。
あと1時間頑張ってみましたが、ワンバイトあっただけで終了です。

4バイト、1バラシ、1フィッシュ
良かったのか悪かったのか…


使用ルアー:自作羽根モノ(Crazy-HiHi)

2019年 ハンドメイドルアー釣果集計

使用ルアー釣果
羽根モノ(Crazy-HiHi)23
クランクベイト(Gクランク-MR)2
シャッドテール6
メタルバイブ3
34

コメント