ハンドメイドルアー釣行記|久々の朝釣行、自作クランクで50up

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019/04/27
小雨/曇り
気温:11℃
水温:18℃
フィールド:飯塚市野池

今日は、久々に早朝から釣りに行きました。


久々なので、少し足を延ばして飯塚市の野池へ向かうことにした。
ここは、会社の先輩がよく行く場所だが今年はまだ良い話は聞いていない。

「まあ、何とかなるやろ…」

目的地に到着。

車の温度計、11℃…
車を降りて外に出ると寒い、風も冷たい…

「もうすぐ5月やのになんやこの寒さは…
 釣れんやろうな…」

マイナス思考全開でポイントへ向かう。

ポイント到着!

さっき迄マイナス思考だったのが、いざ目の前に水面が広がるとワクワクする。
もう、頭の中では1投目からビッグバスを釣り上げている自分の姿しかない。
釣り好きの人には解ってもらえるかな。(笑)
(大体は、投数が増えるたびにテンションが下がっていきます…)
このポイントは、過去に自己ベスト56cmと翌週に55cmを釣った思い出のポイントです。

それはさておき、
まずは、30分ほど羽根モノを投げまくるが反応なし。
巻いた後も、その軌跡が泡で残り消えない。

「水質悪いのかなあ。
 全体が悪いのか、水面付近だけ悪いのか…
 とりあえず、しばらくクランク投げるか。」

クランクにルアーチェンジしてみることにした。



  ……

    …
グンッ⁉
グギューン‼

来たー!! でかいぞー

オロオロしながら必死に寄せてくる。
(私は、釣りが好きだが下手なので魚が掛かると慌てるのです。慎重に寄せてとかは出来ない)


で、なんとかゲットできたのがこいつです。

お腹は少しへこんでいますが、体高のある良いバスですね。


しかし、釣りあげてバスの口元をみて焦りましたよ。
フック1本が、外掛かりで薄く掛かっていただけでした。

こんな状態です。
危なかったですねー、ラインもPEを使っているのでバラしてもおかしくない状態でした。

このあと数時間がんばりましたが反応があったのは、この1匹だけでした。
なかなか、手強い池です。




私の釣りは、夜がメインなので朝から行くのはたまにです。
夜では、風景も撮れないし釣ったバスの写真も暗い…
ブログ映えしないなと思っていましたが、なんとか風景も撮れたし少しだけ明るいページになりました。
よかったよかった。



使用ルアー:自作クランク(Gクランク-MR)

2019/04/27 夜
晴れ
気温:10℃
水温:17℃

朝、50up釣れたので十分満足していたんですよ。
していたんですが、どうしても羽根モノで釣りたくなり、いつもの近所の野池へ

少し風が強いが、そんなのはお構いなしで投げまくりました。

一時間ほどポイントを変えながら投げるも反応なし。
疲れていたので早めに帰るつもりでしたが、突然バイト!
朝と同様オロオロしながら、何とか抜き上げた…
抜き上げたのですがフックが外れ、暴れながら水中に御戻りになりました(泣)

帰る予定だったのですが、私のテンションも上がっているし、何より
「悔しすぎる」
そりゃあ、釣るまで帰れないでしょう。

しかし、ここからが凄かった。
この後、1時間くらいの間にさらに5バイト!
凄い、凄いのですが…




結果は1匹のみ…
合計6バイト2バラシ1フィッシュ
下手すぎる…

46cm

これも体高のある良いバスでした。

やっぱり、羽根モノは楽しいです。



使用ルアー:自作羽根モノ(Crazy-HiHi)

コメント